次世代足場(手すり先行足場)

次世代足場とは、改正労働安全衛生規則に対応し、足場からの墜落・転落による労働災害を防ぐために開発された手すり先行工法のことを指します。特徴としては、

・最重量部材でも13kg程度なので、保管効率や積載運搬効率がよい
・抜け防止機能が付いていて、安全性や作業性が高い
・くさび緊結式足場に比べて階高が高いので、身をかがめずに作業できる
・軽量かつコンパクトなので、組み立て・解体がスピーディー

などが挙げられます。厳しい現場基準にも対応できるため、今後も需要の拡大が予想される足場です。

単管足場

単管と呼ばれる直径約5cm程の鉄パイプ同士を、クランプで固定して形成していく仮設足場です。最小限の設置面で足場を組むことができるため、建物が密集していて通常の足場が設置できない場所で用いられます。クランプの位置を建物の形状に合わせて設置できるので、特殊な形状をしている小規模な構造物にも対応できます。また、高さ調節が容易なため、施工しやすい高さに合わせることで作業効率を上げることが可能です。

ビティ足場(枠組足場)

ビティ足場(枠組足場)とは、鋼管を門型に溶接した建枠にジャッキベース・交差筋違・階段枠・梁(はり)枠・手すり枠・鋼製布板などの基本部材を組み合わせて構成する仮設足場です。主に建設現場のビルの外壁面に沿って設置します。

強度が高いことから最も利用されており、街なかでも見かける機会が多いオーソドックスな足場です。

お問い合わせ  採用情報